PC,Adroid,自転車,津軽三味線などについてのブログです

2011年11月21日月曜日

ハリヤ改造:アシストギア交換とリアスプロケット交換

リアスプロケットは8速化(トップ11T)のまま、アシストギアを11Tから純正ノーマルの9Tに戻してみた。
左 特製11T  右 ノーマル9T
チェーンカバーをはずしてアシストギアを見る

12kmほどのかなり登り下りの激しい道を走ってみたが、「坂が楽になった」「平地での巡航速度は3km/hほど遅くなった」印象。トルクが増したので貧脚でもカチャカチャ変速せずにハイギアーのままお気楽に漕げるようになった点も嬉しい。


私のようなド貧脚の方はアシストギアはオリジナルのままにしてトルクを細らせないほうがよろしいかもしれない。

■アシストギア交換   アシストギアの歯数増大は脚力と相談してだね

アシストギアを変更するとリアトップ11Tの感覚が大いに変わる。アシストギア11Tだと上り坂でトルクが細くて13,15,17と適時ローギアに切り替えることが多かったが、アシストギア9Tだと、相当の坂でもリアトップ11Tのままのほうがアシストされながら楽に登れる感じである。

12kmの道のりの平均速度は、アシストギア11Tで、23km/h弱 アシストギア9Tで20km/h強で、やく3km/h弱ほどの差がでた。帰りの方が若干、高い標高地点への移動であることを考えるとその差は3km/h以下とみなしてよさそうだ。到着時間の差は5分程度の差である。

10km30分で5分程度の差なら私の場合は航続距離重視・坂道トルク重視でノーマル9Tのほうが安心感がある。

  12km走っての疲労感はあまり差がないのだが、上り坂での心理的ストレスは9Tのほうがなかった。要因としては変速配慮があまりいらないことが大きいと思われる。

アシストギア11Tだとモーターへの負荷、フロントギアへの負荷を考慮して発進時や坂道でついつい、カチャカチャ変速してしまう。また私の脚力では実際にリアトップでは明らかにトルク不足でカチャカチャ変速することになる。

ちなみに私がお世話になっている販売店では、脚力にモノを言わせリアトップ11Tでグイグイ漕いだ結果、モーターがいかれた、フロントギアが曲がったケースが4件ほど発生したそうだ。

アシストギアの歯数を大きくしてグイグイだともっと危険なので発進時は慎重に低速ギアから徐々に変速することになる。(現在アシストギアをノーマルに戻した後も発進時は15T,17Tあたりから発進させている。)

(ちなみにいかれたモーターを保証で直そうとモーターをパナソニックに送ったら「これ、おかしいですよ!なんかしてません?」と言われたそうだ。ちなみに保証で直せたかどうかの結果は聞いていない)

さて、バッテリーへの負担である。私の場合、ドノーマル状態からリアスプロケとアシストギアを同時にかえてしまった! ので評価が曖昧になるのだが、同時交換直後はバッテリーの消費が2倍近くなった感じだった。

それまで(夏場で)100km近く走ったのが交換後は一気に(同じ夏場で)60km以下に落ちてしまった。バッテリー消費を減らすためにローギアで走ったりすると、何のためのアシストギア交換かわからなくなる!

(バッテリーは12Aに変更済み・それができるのがハリヤのいいところね!)
とういわけで、巡航速度は3km/hほど落ちるがカチャカチャ変速しなくてすむ!上り坂でのトルク感を感じられる=有効にアシストされている!バッテリーにも優しい!ということでしばらくノーマル9Tで乗ってみることにした。

貧脚の方はアシストギアの交換には注意が必要だろう。トルクが細くなるので坂に弱くなる。貧脚だと当然バッテリー消費も高くなる。平地での巡航速度は確実に3km/hほど上がるが、交換によるマイナス面とプラス面を脚力と相談しながら決め手方がいいだろう。
  ド貧脚→ノーマルアシストギアおすすめ
  健脚    →アシストギア交換でバリバリ伝説チャリンコ版を目指す
(脚力+カチャカチャ適正変速でバッテリー消費も少なくてすむし、モーターもいかれないだろう)

■リアトップ11T化の威力

これはド貧脚の人でも効果が大きい。多少バッテリーをくっても交換は素敵だ

ハリアはブレイスに比べ、ノーマル14TでのGD値が低いので、トップで20km/h以上出すとクルクルとケイデンスが上がってしまって忙しい。

11Tにすることでケイデンスの上昇を抑えられることとアシスト範囲の向上(28km/h程度まで)のおかげでトルク感を感じながら楽に漕ぐことができるようになる。

(Braceのノーマル8速トップとほぼ同じGD値になるがアシスト範囲の向上でハリヤの8速化のほうが部がある。2011までのBraceならハリヤなどお呼びもつかない自由なパワー設定がほぼ無料でできるけど・・・)

■今買うならパナのハリヤか?2012式のヤマハ・ブレイスか?

  Braceは2012からspsずらしやspe固定ができなくなってしまい大騒ぎになったようだが、すでに磁石半減などの方法が有志によって成功しつつあるようだ。

ハリヤは12Aを積めるが、ヤマハ車は最大で8Aしかつめない点が痛いところだが、それさえ無視すれば「速度だましの方法」が確立するのも時間の問題のようだから、力と速度重視ならBraceのほうがいいかもね!

 航続距離はますます減ってハイパワーバリバリ設定では20km程度にまで落ち込むようだけど。

ま、私は航続距離重視でしばらくハリヤでがんばります!!冬場でも片道25km余裕なのはありがたい。夏なら片道40km楽勝だし!

それと・・・脚力が普通にあって心肺機能まともなら軽いクロスバイクやロードがいいと思います。GIANTのEacape3(約10k強)もあるんだけど若い頃ならこれで十分だなという感じだ。

電池の心配ないし・・・今は距離数百メートルのコンビニ・1kmの駅前専用になってしまってるけど。

Escepa3でも5km近く走ると救急車呼ぼうかなあ・・という状態になってしまいます!心不全だから・・・グアア


0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントを投稿